fc2ブログ

妊娠解雇戦争~後半~

前回までのブログでは、
6月後半10日間を重症悪阻で休職。
7月から復帰すると人員補充に正社員が登場。
しかし復帰後1週間で出血により4日間の休職。
その後出社すると契約終了の解雇予告が。
「自己都合退職するなら産前まで働かせてやってもいいけど」と言われカチーン
という流れでした。



「産後休暇が終わったら自己都合退職」
という提案に納得出来なかった私は、

どうせ産後にもう働けないのなら
育児休業まで取得させてくれたっていいじゃないか!
育児休業終わったら自己都合で辞めてやんよ!

と詰め寄ります。(丁寧な口調で。)

しかし課長は、
「育児休業は復帰する事が前提の給付だから、
国に嘘はつけない。
復帰する可能性がないから申請は出来ない」と断固拒否。


いやいや、そんな事分かってるつーの!
だから自己都合で辞めてやるって言ってんじゃんか!
と丁寧な口調で説得しても、
決して首を縦に振らない課長。

育児休業まで取得出来ないんだったら、
自己都合でなんか絶対辞めてやるもんか!!!
と決意した瞬間でした

そこからの行動力が我ながら凄まじい

午前中にこのやり取りをした後、
昼休みに労働局に電話。事の次第を説明し、
妊娠による不利益扱いで
男女雇用機会均等法違反になる事をきちんと確認。
午後、さっそく課長を呼び出し
労働局から聞いた事をやんわり伝えると・・・

課長の態度が急変!!!
ついに本性を現しました。

部長まで呼んで、いかにもげんなりした態度で
「だーかーらー、こういう泥沼試合にならないように
11月まで働けるよう配慮してやったのに!
以前同じように悪阻が酷かった契約社員がいたけど
職場の迷惑になるからって早々に辞めたよ?
数年の付き合いがあるから
今まで話し合っててやったのに
手の平返されたような仕打ちに失望したわ」

というような事を言われました。

不思議な事に、どんな言われようをしようと
凛とした態度で堂々としていた私。
明らかに私が有利な立場である事を労働局から聞いたおかげで
むしろ「ざまーみろ!ケッケッケッ」ぐらいの気持ちでいましたね。

数年勤務していましたが
会社や上司に対しての情が全くなかったので
今回の件で、会社や上司がどうなろうと、自分がどう思われようと、
本当にどうでも良かったんです。

一通り罵倒された後も、
契約解除は納得出来ない旨を主張し続けたところ、

「雇用の継続をしたいだけなら、部署異動になってもいいって事だね?
総務課はもう人員過剰だから、人手の足りない製造部門でもいいんだね?
他の部署への異動になれば、今の半年契約を3か月契約に切り替えて
3カ月経って使えないな、と思ったらそこで契約終了。
3か月後っていったらちょうど産前前だよね。
産前産後休業まで取得出来なくなるからね。
それでもとにかく雇用が続けばいいんだね!」

あくまで強気な課長。
総務課長のくせに、
自分が不利な立場にいる事を全く分かってないみたいで笑える~

この発言からも
妊婦に製造部門が出来るわけがないし、
辞めさせる気マンマンなのが分かる。
明らかにこれも妊婦に対する不利益扱いなのに笑

課長がどんなに脅そうと、私は雇用継続の1点張りなので
「とにかく後は社長の判断次第」という事で
その日はお開きになりました。


・・・と何か長くなっちゃったので今回はこの辺で。

つづく。。。
スポンサーサイト



プロフィール

*あたい*

Author:*あたい*
2013年3月、ぎりぎり三十路手前で結婚しました。
旦那は6つ年下のドワーフ!
現在念願の子宝に恵まれて、つわりと闘いながらもフルタイムで働いています。
出産予定日は27年1月6日♪
基本インドア派、お家が大好き♡
普段は、仕事・家事・アニメで1日が終わります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
PVアクセスランキング
Bling
womedia
ブロカン
レビューブログ
ブロコミ
ライフメディア
ポイントタウン
ECナビ
げん玉
インフォQ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR